ムンガボン川クルーズ&蛍鑑賞ツアー@コタキナバル。ほたるが手のひらに舞い降りる☆

オプショナルツアーでムンガボン川クルーズと蛍鑑賞ツアーに行って来ました。

スポンサーリンク

計画

条件

  • テングザルが見たい
  • ホタルが見たい
  • 車での移動時間は短く

ツアーを選ぶ

オプショナルツアーはいつもポイントサイト経由でベルトラにしたかっんですが、条件に合ったツアーがありませんでした。

合わなかったところ

  • テングザルや蛍鑑賞の場所までの、車の移動時間が片道2時間以上かかるので、子供たちに負担がかかる。
  • テングザルの住む森はどこも遠のいで今回はあきらめる。
  • 蛍鑑賞で移動時間が短いツアーがあったが、カヤックに乗らなきゃいけないので、子連れだとちょい面倒かなと(笑)

▼テングザルにはこちらで会えちゃいました♪

ボートで離島のサピ島へ、シュノーリングをしに行って来ました! ボートの予約 ホテルが運営する「STARマリーナ/スターマ...

他に調べてみたら、HISにちょうどいいツアーがありました!!

“ムンガボン川クルーズと蛍鑑賞ツアー”

  • 移動時間が短い(1時間)
  • クルーズなので船でゆっくり蛍が見られる。
  • 夕方からのツアーなので、それまでホテルで遊べる。

☞ムンガボン川クルーズと蛍鑑賞をHISで予約

2018/03/31までは下記料金。

大人(2名参加以上) RM270.00(約8,360円)
子供(2-11歳) RM135.00(約4,180円)
大人(1名参加代金) RM540.00(約16,730円)

当日

マレーシア人の現地ガイドさんとドライバーさんがホテルまでお迎え。
ガイドさん日本語ペラペラで安心。

ここからムンガボン川まで1時間の移動。

途中シャングリラズ ラサ リア リゾートに寄って、OL2人組の女子をピックアップ。
そこから10分程で桟橋に着きました。

今回のツアーメンバーはこの2人と我が家4人の6人。
少人数だったので、ゆっくりツアーを楽しめました♪

桟橋到着、マレー菓子のティータイム

ムンガボン川

▲手作り感満載の木の桟橋。
いかにもアジア!って雰囲気~w

ムンガボン川

テラスで川を眺めながら、コタキナバルの特産品「サバティー」(紅茶みたいな味がしたよ)とマレー菓子(バナナケーキ)を頂きました。

でもここで水分の取りすぎに注意!
トイレが民家の物なので、きちゃない・・・

木の板で囲まれた四角い建物の中に、便器と水が入ったバケツとひしゃくのみ。

現地の人はティッシュを使わず、その水で洗うんだそうなΣ(゚ω゚)
濡れたまま下着履いちゃうの?って日本人からするとその加減が分かんなーい!

ってやってないけど、ティッシュ無いので気を付けて~

あと手洗うのも、その水なんで除菌ウェットティッシュあったのがいいと思います!

イブニングクルーズ

ムンガボン川

▲ボートに乗って出発~

後ろの水上の家を見たり、漁師さんに魚を見せてもらったり・・・

マングローブ

▲マングローブに寄って説明をしてくれたり・・・

ムンガボン川

▲サンセットを見に、小さなビーチに行きました。

この日は残念ながら曇っていて見られなかったけど、ガイドさんからコタキナバルの歴史や経済についてなど、沢山お話を聞くことができて勉強になりました~

バトルしながらの夕食(笑)

先ほどティータイムしたテラスに戻ると、現地の方が作ってくれたマレー料理の夕飯が用意してありました。

食べ始めたら、蚊が何匹か寄ってくるんですよね・・・

まみ
川のそばだからしょうがないかー
虫よけスプレーしとけば大丈夫っしょ!

長袖&長ズボンで参加必須だったので、そんなに気にすることもなくまた食べ始めたんです。

したらーーーー!!!

数えきれないぐらいの蚊が次から次へと、

川から大量に襲ってきてパニックーーーーヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

人間の体温と、温かい食事の熱の区別がつかないのか、熱があるものなら全部血吸うたろか~!の勢いで、少し肌が出てる手や顔めがけて飛んでくるんでバトルですよ(ꐦ°д°)

熱いスープに飛び込んできたら「ざま~みろ!」ってねw

隣のOL女子たちも同じ光景で、見兼ねたガイドさんが蚊取り線香持ってきてくれたけど効き目ないほどコヤツら飢えてる(;´༎ຶ益༎ຶ`)

もうこうなったら場所を移動するしかないとの事で・・・

隣の屋根のあるテーブル席に案内されました。

パパ
だったら始めから案内してくれたらいいのに!
同じツアー何回もやってんだろ?
まみ
んだんだ!!

そして静かに、残りのご飯やおかずを食べることができました・・・ってこれが普通だから!!

蛍鑑賞

とんだ洗礼を受けたディナーの後は、いよいよメインイベントへ!

ムンガボン川

▲月明かりだけの真っ暗で静かな川を進んでいきます。

まみ
気分はアマゾン探検隊!

そしてマングローブに止まる蛍の光がチラホラ見えてきました!
もっと奥に入っていくと、たくさん小さな光がピカピカ!!
こっちだよ!って教えてくれるみたい。

本当に天然のクリスマスツリだー!キレーーー☆ヽ(*’∀’*)/☆

手のひらにのせる事もできるぐらい、ボートの中に飛んできてくれて、子供たち喜んでました♪

スタッフが両手ぐらいの大きさのライトを持っていて、それを点滅させると蛍たちが同期して同じように光ってくれます!

まみ
蚊と違って頭ええ子やー!

それはまるで ー
まるで夢の景色のように、ただひたすらに・・・
美しい眺めだった

・・・って“君の名は”の名ゼリフが出てきちゃうような光景に、心が洗われたような気持になりました(´∀`∩

水牛

▲ボートから降りて桟橋を歩いていたら、真っ暗闇の中に水牛が何頭も居てビビル!!
夜のお散歩?それにしても、みんな泥だらけ!

まとめ

車の移動時間が1時間、やっぱり子供たちにはこのぐらいが限界かなと思いました。

午前中プールで思いっきり遊んで、ちょうど昼寝タイムになり、帰りも外が暗いのでウトウトしてました-ω-)ノ”

ガイドさん、かたことの日本語に英語で説明してくるのかなーって勝手に思ってたんですが、日本語ペラペラで、分かりやすくツアーの説明をしてくれたり、とっても親切でした!

蚊の襲撃中もいち早く気付いてくれて助かったー!

とってもロマンティックでワイルドなツアー、ぜひご家族で参加してみてはいかがでしょうか?(´∀`)

☞ムンガボン川クルーズと蛍鑑賞をHISで予約